ごみを出すときの粗大ごみと普通ごみの分け方

粗大ごみとは、一般的に1辺の長さが30センチメートル以上のもので、日常生活で不要になった耐久消費財の大型のごみのこと

ごみを出すときは、それぞれの自治体のごみの出し方があります。小さなものだったら大体普通ごみとして出しますし、大きなものだっら粗大ごみとして出します。しかし、そこそこの大きさのものはどっちなのかと迷うことがあります。
粗大ごみとは、日常生活で不要になった耐久消費財の大型のごみのことで、1辺の長さが30センチメートル以上のものが一般的に定義されているようです。
例えば、家庭用のベッドやタンスやソファなどの大型家具や、大きなガスオーブンや食器洗い乾燥機や大型のシュレッダーなどの電気製品やガス製品、ベビーベッドや16インチ以上の自転車や家庭用コピー機など様々です。ただし、分解してまとめたものの大きさの1辺の長さが30センチメートル未満なら普通ごみとして出すこともできます。

テレビ・パソコン・洗濯機・エアコンなどは、リサイクル費用と運搬費用を支払い、リサイクルとして出す必要がある

基本的に粗大ごみを出すときは、リサイクルセンターや産業廃棄物センターに持ち込むか引取に来てもらうかですが、ものによっては処理費用や運搬費用がかかります。運搬費用は業者によって異なりますが、持ち込みの処理費用は大体1個数百円〜1,500円くらいが相場です。これもセンターによって異なるので、事前に問い合わせしてみると良いでしょう。
また、大型家具店や電気店などでも商品を買ったときに引き取ってくれる場合もありますので、相談してみると良いでしょう。ただし、テレビ・パソコン・洗濯機・エアコンはごみとして出すことができず、別にリサイクルとして出す必要があり、いずれにしろ処理する費用がかかります。これらは基本的に家電量販店などの電気屋で取り扱っていますが、一部のホームセンターでも取り扱っていることがあります。ただし、リサイクル費用と運搬費用を合わせて支払うのが一般的です。

普通ごみとは生活していくうえで排出される生活ごみで、自治体によって出す方法が異なるのでルールに従ってごみを出しましょう

それに比べて普通ごみは、簡単にいうと生活していくうえで排出される生活ごみがほとんどで、各自治体の専用の袋に入れて出します。その専用のごみ袋は、市販されているのもあればスーパーマーケットの袋がそのまま指定ゴミ袋として使えるところもあります。
ごみの出し方は燃えるものと燃えないものを区別したり、プラスチックや缶類も分けたりします。これは、自治体によって出す方法が異なり、おおざっぱにまとめて出せるところもあれば、細かく分けて出さなければならないところもあるので、役所などに問い合わせると良いでしょう。
回収する日も週に何日かというのもあれば、毎日回収するというのもあります。それぞれの自治体のやり方があるので、ルールに従ってごみを出しましょう。