粗大ごみハウツー

粗大ごみを安く処分する一番の方法は自分で調べること

各自治体によって粗大ごみのルールは異なり、年度ごとにも変わってくるので事前の確認が大切

粗大ごみの処分方法は大きく分けると2つあります。住んでいる自治体のごみ回収の利用と、民間の専門業者の利用です。自治体は安く処分出来て、専門業者は高いというイメージがあるかもしれませんが、実際にはケースによってこれが逆転することもあります。もちろん、自治体の無料ゴミ回収が最安だということは間違いないので、多少の手間が必要だとしても、利用出来るのであれば利用していきたいところです。

まずは、住んでいる自治体のゴミ回収のルールをしっかり把握することからはじめましょう。例えば、金沢市とお隣の野々市市を例にとってみると、金沢市では一定の大きさ以上の家具や家電は有料での回収となります。電話連絡をして回収日を予約し、当日に自宅前に出しておくという流れです。料金は一つにつき500円か1000円程度かかります。

一方、野々市市は月1回の決められた日に、大きさに関係なくゴミステーションに出すことが出来ます。運ぶ手間はありますが、費用は無料ということになります。このように、各自治体によってルールは異なりますし、年度ごとにも変わってくるので事前の確認が大切です。

自治体での処分が不可能なら専門業者の料金を調べ見積もりを取る

自治体のゴミ回収のルールをしっかり調べて、費用がどれくらいかかるかを把握出来たら、次は専門業者の料金も調べてみます。自治体での処分が不可能となれば、こちらを利用するしかありません。ゴミ回収を専門に行っている業者や、引っ越し業者のオプションサービスなどがありますが、別途料金が発生するなど多少複雑な面もあるので、確実な料金を知るには見積もってもらうしかないです。

そういったこともあるので、とにかく分かりやすい料金設定の業者を利用することをオススメします。費用のことだけを考えず、手間の事も含めて考えると選びやすいかもしれません。また、家具や家電の買い替えなら、購入先の業者に引き取って貰うのもセオリーです。無料で引き取って貰えることもありますし、料金がかかったとしても安く処分出来ることが多いです。購入時に引き取って貰えるかどうか確認するようにしましょう。意外と忘れやすいので注意してください。

程度の良い家具や家電であれば、リサイクルショップで買い取って貰える場合も!

最後にもう一つ確認しておきたいのが、処分したい不用品が本当に粗大ごみかどうかということです。程度の良い家具や家電であれば、リサイクルショップで買い取って貰える場合があります。自分が要らないと判断したものでも、他人からすれば使えるものかもしれません。少しでもお金になるなら、無料で処分するよりもお得なことは言うまでもありませんね。

最新記事